ブログ

最新のお知らせ


2017年5月20日 : 共謀罪法案が衆議院法務委員会で強行採決
昨日、共謀罪が衆議院法務委員会で可決された。

国民の権利を大きく縛る共謀罪法案の内容がどうであれ、担当法務大臣の能力がどうであれ、なんでも強行採決で法案を通してしまう自民・公明・大阪維新の議席数!

苦々しくも、国会の3分の2以上を占める議席数の力をただただ感じざるを得ません!

因みに、この共謀罪法案には、国連の人権関係報告者まで懸念を示す書簡を政府に送っています。


(注) 
共謀罪
プライバシー制約の恐れ 国連報告者、政府に書簡
毎日新聞 2017年5月19日 20時13分(最終更新 5月19日 20時13分)

プライバシーの権利に関するケナタッチ国連特別報告者は19日までに、衆院法務委員会で可決された「共謀罪」法案について、「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示す書簡を日本政府に送った。対象となる犯罪が幅広く、テロや組織犯罪と無関係なものも含まれる可能性があることなどを理由に挙げた。
 書簡は18日付で、安倍晋三首相宛て。法案にある「計画」や「準備行為」の定義があいまいで、恣意(しい)的に適用される可能性があると指摘。いかなる行為が処罰の対象となるかも明記されておらず問題があるとしている。
特別報告者は特定の国やテーマ別の人権状況について事実調査・監視を実施。ケナタッチ氏はマルタ出身のIT法の専門家で、2015年に国連人権理事会により任命された。(共同)
2017年5月18日 : 西東京市の「末松義規と頑張る会」の会合
今日は、西東京市の「末松義規と頑張る会」の会合がありました。

私の国政報告のあと、都議会議員選挙が話題となりました。

石毛茂都議や森信一市議にも参加してもらいました。

皆さんからは、民進党を離党して無所属になり、都民ファーストの会の推薦(民進党も近々推薦予定)をもらった石毛都議に質問が集中しました。

「石毛さんは、どうして民進党を離党したの?
末松さんとの仲が悪くなったの?
再選された後、衆議院選挙では末松さんを応援してくれるの?」などの質問が次々と出ました。

途中様々なご意見を頂き、有意義な議論がなされました。

その結果、最後に石毛都議より、
「元々の自らの政治信念を変えずに、最後まで首尾一貫して頑張っていく!
再選された後も、必ず末松さんの衆議院選挙を支援していく!」との力強い表明があり、皆さんより満場一致の拍手が起こりました。

会の最後には、気迫のこもった「石毛茂選挙ガンバロー・コール」で締めとなりました!!!(*^o^*)

西東京市では、私も全力で石毛茂都議を応援していきます!!!
2017年5月13日 : ノボリを掲げ自転車で!
昨日、ノボリを掲げ自転車で田無駅を走っていたら、大勢の民生委員の方々が、ご熱心に東日本大震災の募金活動をやられておられました。
私も、協力させて頂きました。
そこでパチリ。
2017年5月9日 : 安倍総理の改憲発言
安倍総理が5月3日憲法9条改憲発言。

「9条の1項と2項を残して、3項目に自衛隊の存在を加える」

1項と2項で戦力不保持と言いながら、3項で自衛隊を保持する?

自衛隊は戦力ではないのか?

もっとも日本は、憲法9条の下、自衛隊法で自衛隊の存在を認めているという矛盾を難無くやってのけている国だから「なんでもあり!」なのかもしれないが。

日本人の柔軟さは驚異的だが、外国から見たら、論理的理解不能な国ニッポン!
2017年5月6日 : 諏訪大社と守屋山
今年のGW中、1日だけ使って諏訪大社上社本宮(写真)にお詣りに行きました。

ご祈祷をして頂き、大吉のおみくじも授かり、神社参りが趣味の私としては大満足!

最近は特に諏訪大社の御朱印(写真はネットから拝借)が人気とあって、多くの人が並んでいました。

昼食を終え午後になり、たまたま駐車場で会って話した地元のおじさんから、「諏訪大社の御神体である守屋山(もりやさん)に登ると良いらしい。自分は登ったことはないが、ここから30分くらいで着くらしい」と言われ、上社から歩いて登る気になりました。

歩く途中、天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)をお祭りした北斗神社⛩に遭遇したので石段200段を登ってお詣り。(写真)
結構石段キツかった!

それから、諏訪出身の建築家・藤森照信氏の設計した建築物も見に行きました。(写真)

この建築作品は、中に入れるのかなあ~と思いつつ。笑!

そして守屋山目指して一気に登山開始。
30分と言われ、ネット情報を頼りに気楽に構えて登り始めたものの、結構キツイ登り坂を行けども行けども頂上は見えず。

結局、誰一人会わず道に迷ったりしながら3時間歩き続け、到着したところが、なんと守屋山登山口!Σ('◉⌓◉’)

登頂するか否か迷っているときに、あたりが薄暗くなってきたので登頂を断念! 残念!!!

40分程歩いて山の反対側の152号線添いにやっと辿り着いた時はかなりの暗さ。

ちなみに、登山中ネットで調べたら、この御神体の守屋山は、物部守屋一族の守り神(山腹に物部守屋神社がある)で、守屋→モーリヤ(エルサレムの旧名ともモーゼの別名とも言われる)につながるようだ。

旧約聖書のイサク物語を再現している地元風習もあり、日本・ユダヤ同祖論にもつながるらしい!

面白い!!

今年中に、守屋山登頂再チャレンジを決意しました!