ブログ

最新のお知らせ


2017年6月19日 : 都議選予定候補の決起大会
都議選での決起大会の模様。
民進党公認の斉藤あつし予定候補(小平市)と、おきつひでのり予定候補(国分寺市・国立市)。
また、昨日は、野田佳彦幹事長や山尾志桜里衆議院議員も応援に駆けつけてくれました。
2017年6月19日 : 国分寺市長選挙はガチンコ勝負!
ここ二日間ほど、都議選と同日(7月2日)に行われる、国分寺市長選挙の準備をしている「ひぐち みちお」(樋口満雄)さんと一緒に、国分寺市内を確認団体カー(市民に国分寺市政を取り戻す会)で遊説して廻りました。

嬉しいことに、あちこちから、暖かい応援のかけ声をいただきました❣❣❣

樋口さんは、国分寺市の職員を34年間、元副市長を6年間やられただけあって、国分寺市政については隅から隅まで精通しておられ、「凄いなあ!」と驚嘆したことが何回かありました!

また、昨日も、国分寺職員を経て小平市の市議会議員になった女性議員さんから、「樋口さんはとても素晴らしい方なので、是非とも国分寺市長になってもらいたいです!」という熱いお言葉をいただきました!

情報公開や市民参加・協働を通じて、最終的には、「国分寺市民による、国分寺市民のための、国分寺市民の市政を目指す」樋口さんの理想を何度となく聞くにつけ、尊敬の念と感動が沸き起こってきました!
樋口さんから、私自身も日々とても勉強させていただいております。

また、今回の国分寺市長選挙は、様々な市民団体の皆さんとともに、国分寺史上初めて、すべての野党が結集して、樋口さんを応援しています。
(民進党、社民党、共産党、自由党、生活者ネットワーク)

まあ野党というと、それぞれの好みが強過ぎてまとまらないケースが多いのですが、「樋口さんなら!」ということでまとまったのです!

この4月に小林正則市長が大勝したお隣の小平市長選挙よりも応援野党の数が多いのです!

面白いことに、今回の国分寺市長選挙は、真っ向からのガチンコ勝負となりそうです!

是非とも、国分寺市民の未来を明確に見すえた樋口さんに、国分寺市の舵取りをやって欲しいと切に願っています!!
2017年6月16日 : 共謀罪法の成立と、加計学園問題の再調査


昨日、共謀罪法が国会で成立。
共謀罪法案に反対してきた私としては、残念至極です!
しかも、参議院では、通常の委員会報告を飛ばして異例の「中間報告」なる奇策で本会議採決。

いくら更なる法案審議の必要性を野党が主張しても、国会で3分の2以上の議席を占める自民・公明・維新が無視すれば強行採決となります。
どんな無茶なことでも可能となるのです。

同じく昨日は、加計学園の文科省再調査結果が発表されました。
前回の調査結果を全面否定して、問題の文書が存在したことが明らかになりました。
(今日の段階では、内閣府では未だ「存在しない」ことになっています)
おまけに、公務員の守秘義務違反という名目で、役所内の犯人探しが始まっています。

国民が政府のやり方に反対して行動を起こそうとすると、今後は共謀罪法で、常時の思想・行動チェックが可能となり、計画段階で逮捕となります。

一方、権力者である政権担当者と官僚が、えこひいきな税金使用をグルになって画策・実行しても、国民の側からはなかなかチェックできず、何のお咎めもなし!

さらに、一国民が嘘をつくと即座に罰せられるのに、権力者である政権担当者や官僚機構がグルになって嘘をついても何のお咎めもなし!

いつからこんなおかしな国に日本はなってしまったのか!
あきらかに、安倍政権からです!
こんな不公正さの源泉は、野党の不甲斐なさにありますが、国民が3分の2の議席数を安倍政権に与えたからです。

民進党に所属する非議員の私としては、全力で国を正していく政策を立案・遂行していくしか他に道はありません!。


2017年6月10日 : 加計学園問題 文科省再調査
文科省再調査は、国民世論の勝利だ🏆🏆🏆!!!

2017年6月7日 : 昨夜の国分寺市長選挙予定候補者のキックオフ集会
樋口満雄さんの国分寺市長選挙への決意表明を披露する昨夜のキックオフ集会で。

口笛村の村長さんが樋口さんの友人として参加され、樋口さんの応援演説をされると同時に、絶妙な口笛パフォーマンスを披露しました。

村長さんは、口笛の日本チャンピオンで、世界第2位に輝いた由。
確かに素晴らしい演奏でした!