蓮舫代表辞任!



安倍自民党政権は従来の自民党的立場をかなり逸脱しています。

私たちは、集団的自衛権による「火遊び」的安保や、「戦前のような統治体制の推進」に強く反対してきました。


その安倍政権が、森友・加計学園問題や防衛大臣問題等で「えこひいき腐敗政治」が露出し、ウソ・ゴマカシ強弁で国民の信を失い都議選も大敗北しました。


そのような時なのに、民進党も国民の受け皿になり得ず都議選で大敗北です。


浪人中の私は心中、身悶えしています。


民進党は現実に目をそむけず大反省をし、立ち位置をはっきりさせて解党的出直しを覚悟するべきです!


同時に、「私が!私が!」という小児的症候群から脱して、自分たちで選んだ代表を何があっても盛り立てていかねばなりません!


それができないような党なら解党もやむを得ません。