米英仏軍のシリア攻撃

化学兵器使用という致命的ミスを犯し、米英仏軍の攻撃を受けることとなったシリアのアサド政権は、まったく愚かと言うほかありません。
米英仏等が、アサド政権打倒の機会をずっと狙っていることを知っていたにもかかわらず。
おそらく化学兵器施設攻撃を名目に主だったシリアの軍事拠点はことごとく破壊されていることでしょう。
ロシアも面目丸つぶれの状況です。
同時に、戦々恐々としているのは、北朝鮮のトップでしょう!!