ボルカークローズ東ミシガン大学政治学部教授と懇談

先週は、忙しい国会の合間を縫って、米国から来日された東ミシガン大学政治学部のボルカー・クローズ教授と小一時間、日本とアジアの安全保障問題についてインタビューを受け、その後語り合いました。

同教授の問題意識は、とてもシャープで大局的かつ本質的な質問ばかりでしたが、お人柄が明るくて可愛い感じの方でした。

ご覧の通り、身体障がいがあり、ご不自由を感じておられるのでしょうが、とても明るく陽気な感じの方で非常に好感を持ちました。

また次回の訪日時にもお会いすることとなりました。