トランプ相撲見物における違和感

トランプ大統領の相撲見物で、違和感を抱いたのは私一人ではないはずだ。

女人禁制と言われている神聖なる相撲の土俵に対しては、靴下を脱いで裸足で上がるのが本来の姿ではなかろうか!

それを、土足にも見えそうな革靴そっくりのスリッパをトランプ大統領に履かせるのはよろしくない!
「郷に入らば郷に従え」で、ともに裸足で土俵に上がるべきだ!

ましてや、受け入れ側で日本の伝統を代表する安倍総理が、裸足ではなく、トランプと同様な革靴そっくりのスリッパを履くとは何事か!

襟を正して、「裸足で上がれ!」と言いたい!!


また、天皇陛下や従来の国賓を接遇した貴賓席を使わずに、新たに数百万円の改修工事をして「相撲がよく見えるから」との理由でトランプ夫妻のために特別に用意するとは何事か!


天皇陛下や他の国賓は、後ろの貴賓席で「よく見えなくても良い!」ということか!

天皇陛下の慎重なご配慮で、まず国民が前の方で見た方が良いということかもしれないが、陛下を差し置いた安倍総理の対応は「トランプ国王への隷従」にしか見えない!
「一体何様のつもりか!」と言いたい。

最後に言うと、日本国の伝統を傷つけておいて、トランプのご機嫌をとって米側の要求をオマケしてもらおうと考えているなら、「浅ましい根性」としか米側に映らないと強く感じている!